無料プレゼント


【悪用厳禁!】
「サラリーマンならあることをするだけで、例え1円の報酬を得ることができなくても、実質的には年収をアップできちゃう」マル秘マニュアル!


をプレゼントしちゃいます!


※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『副業サラリーマンの“稼ぐ手法と思考法” 』(発行者:秀麗)に登録されます。
解除はいつでも出来ますのでご安心下さい。






扶養親族の年収はいくらに抑えるのがベスト?

扶養親族に収入があるケースは年収の調整は必須です。
年収を上げすぎると、扶養から外れてしまい、
結果的に、手取りが減ってしまうことになります。


頑張って働いたのに、手取りが減るんです。
これを知っているのと知らないのでは大違いですね!

所得税の扶養から外れてしまう年収は、基本的に103万円超。
年収103万円をこえると、扶養から外れてしまいます。

だから、家族の扶養になっている人は、
年収を103万円以下にする必要があります。


それでは、年収103万円の場合と、年収104万円の場合では、
税金は、どれくらい変わってくると思いますか?


答えは、ほとんどの場合、76,000円増えます。
   (ただし配偶者の場合は、ほとんど差がありません。)
1万円多く働いただけで、手取りが7万円も減りました…。
ビックリですね。


そして、この増税分を取り返すには、
どれだけ稼げばいいのでしょうか?


『結論:113万円以上稼がなくてはならない。』


なんと、113万円稼いでも、年収103万円のときと、
家族の手取りは同じなんです。


つまり、パートで10万円分多く稼いで、やっと同じ状態です。
時給1000円としても、100時間も多く働いているというのに・・・。


恐ろしいことですね。
ですから、パートの奥様の年収はきっちりコントロールしましょう!


家族総出で手取りを増やしたい方はコチラへ↓


>> http://hanaike.biz/setuzei.html


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

特別プレゼント

1日15分の作業で毎月継続して右肩上がりに稼いでいく方法!マル秘マニュアルを無料でプレゼントします。

メールアドレス登録後スグに、ご覧いただけます。
確実にお届けするために、
なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン、「副業サラリーマンの“稼ぐ手法と思考法”」 (発行者:秀麗)に登録されます。

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

サラリーマンが副業で稼ぐ為のマニュアルをプレゼント!

お名前
例)神谷 秀人
aaaなどの名前は削除します
メールアドレス
例)mas11aki@yahoo.co.jp
フリーメール以外をご登録ください